スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新劇場版エヴァンゲリヲン 

eva01.png

野を越え山を越え遠い遠い町までエヴァンゲリヲンを観に行ってきた。
ド田舎で1館しか上映してないんだよね、疲れた。

EVAのデカさとか、ダメージの痛さとか、地下都市の深さとか
そういう色々な『事象』が最新の映像技術でより強調して描かれてる感じがしました。

基本的に総集編でぶっちゃけ前半は退屈ですけど
ヤシマ作戦から今作の『君は1人じゃない』と言うテーマに沿って
完全にリビルドされていました。

ミサトさんがシンジ君の手をギュッと握り締めるカットは
ちょいウルっと来ました。

新作カットのシンジは体格も良くてかなり男前でした。
綾波は赤い瞳が吸い込まれそうなほど綺麗でした。
ミサトさんは髪の毛の作画が色っぽくて惚れました。
90年代の2次元セックスシンボルが再び色気を取り戻した気がします。

最近の邦楽は嫌いだけど
宇多田ヒカルのEDテーマも良かった。
作品に対するリスペクトの気持ちが伝わってきた、知らんけど。

10年前っつーと中2病全開でEVAに夢中だったなぁ、
あんまり思い出すとトラウマスイッチに触れそうだからこの辺で止めよう

んでもEVAはいいね、EVAはいい。
今のおっさん達がファーストガンダムを伝説として語り継ぐように
俺がおっさんになったらEVAを伝説として語るに違いないよ。

あーもう何が言いたいんだわけわからんおわり

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ataruman.blog117.fc2.com/tb.php/27-d58d6c9f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。