スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギアーズ・オブ・ウォーのフィギュア 

f_gow01.jpg
GOWのフィギュアきた。

並べると壮観、

f_gow02.jpg  f_gow03.jpg  f_gow04.jpg
このメーカーのは乏しい可動範囲の中で
グッと来るポーズを探すのが楽しいんだけど
今回のコレの動かなっぷりと来たら、もう。

ちょっと足を動かすだけで自立不能、
腕は一定のポーズ限定の可動。

もう無理に可動フィギュアにしなくてもいいんじゃねぇ?

f_gow05.jpg
マーカス、ハゲ疑惑。

すぐにガンダムリアルタッチマーカーで修正。


8月にデッカいマーカスが来るぞー

スポンサーサイト

アイアン作業 

ironman
めんどくせーからドバッと色のせた。

これから描き込んで行くうちに
どんどんつじつまが合わなくなってどんどん萎えて・・・
あーハラいて、厳しい戦いになるんだろうよ。
へたくそなのに高望みし過ぎなんだよ。


仕事がアホでギアーズのフィギュア受け取れんかった、タッチの差で、もう、ちくしょ

あとGTAⅣ終わった。
クリア後、街に放り出されて夢から覚めたような虚しさに襲われるのは相変わらずだ。
また1からやり直す。

今作は地に足が付いていて重厚なストーリーだったぜ、
いや英語全くわからんのだけど。

ラスト、命がけの戦場について来てくれるロマンとリル・ジェイコブの友情にグッと来た。
今作のテーマは「絆」だな・・・たぶん、英語は分からんがひしひしと感じた。


ちんたら 

ironman_wip01.jpg
今日はここまで


明日はギアーズオブウォーのフィギュアが来る!

1ヶ月遊んだGTA4もいよいよクライマックス、
いやー、遊んだ遊んだ、開発費100億円は伊達じゃねぇ。
っていうかクリアしてもまだまだ遊ぶ。
今作は要所要所で二者択一を迫られるのでリプレイ性が高い。
ニコは超かっこええ。

ぐち 

mei01.jpg

男の絵を描く前に逆転裁判で何かひとつ描いて安心しておきたいと思ったけど。
ものの見事に何も思い浮かばない、でも描きてぇ。
イライラもやもやして数日が過ぎてもた。

分析するにゲーム中のキャラがあまりに魅力的で完成されていて
空想の余地が全く無いって事なんだろうな、言い訳だけど。

時間の無駄くさい、逆転キャラは描画不可能。

想像力をムラムラ掻き立てられるモチーフとだけ向き合っていこう。

なんにも描けねぇんだなぁ、はぁ、へこむ。


らふ 

iron_rough.jpg


もやもや 

iron_rough_b.jpg  iron_rough_a.jpg
偽アイアンマンとの空中戦を描きたい
丁寧にチマチマ路線は止めてガシガシ塗る
アウトラインは完全に消す。
だけどまだ構図が決まらない。


もやもや

コトブキヤのヴェノム 


コトブキヤ ARTFX ヴェノム

ブキヤのベノム来た。

1月の発売予定から伸びに伸びてやっと出た。
予約してたことすら忘れてたっちゅうねん。

まぁしかし無茶苦茶かっちょいい。
海外の立体物も数あれど、このヴェノムさんは
ポージング、造型センス含めてトップクラスの出来栄えなんじゃなかろうかね。
何しろ安くて良い。

じっと眺めてると動き出すんじゃないかと思うほど躍動感あふれる造型。

コトブキヤ ARTFX ヴェノム コトブキヤ ARTFX ヴェノム コトブキヤ ARTFX ヴェノム

めい 

狩魔冥

狩魔冥、ここ近年で最高のゲームキャラだな、
自分の気に食わない事はムチでシバいて黙らせる、声出して笑った。
この設定考えた人すげーなぁ、
このデザインを考えた人もすげーな。
カプコンすげーな。

ここ近年って言うけど逆転裁判Ⅱって6年前のゲームなんだな、
6年前にこの神キャラは存在したんだな。

おっかねぇ。


最近は絵を書く気が起きない気味。

クレスト CR-C75U2 白兵戦Ver. 

クレスト CR-C75U2 白兵戦Ver.
アーマードコアのプラモを作ってみた。
何気にバンダイ以外のスナップフィットキットを組むのは初めてかもしれん、

すんげーパーツ量、情報量、まじちびる。
童心に帰ってワクワクした。
3次元のジグソーパズルを組んでいるような感覚、
セオリー通りのガンプラに慣れた脳ミソにはすべてが鮮烈。

食わず嫌いでスルーして来た自分を恨むさ。

ガンダムウェザリングマーカーと
タミヤのウェザリングマスターとか言うヤツに付いてきた筆で
ドライブラシの真似事をしてみた。

ガシガシやってる途中で細かい粉末に変わって全身真っ白になった。

クレスト CR-C75U2 白兵戦Ver. クレスト CR-C75U2 白兵戦Ver. クレスト CR-C75U2 白兵戦Ver. 
普通に組み立てただけでこの完成度、すげー。


マコちゃん 

須々木マコ
「不幸の女神から不幸のヒトになって帰ってくるッス!」
満面の笑みを浮かべて彼女は去っていった。


 

wyvern.jpg
こんなのが描きたい


逆転裁判やっと終わった。
素敵な愛姉妹・・・もとい姉妹愛だった、
すぐさまカチャカチャっとⅡに換装
あーおもろい。


オーク 

orc

女の子を描くのは向いてないんだろうなぁとつくづく思う。
こんなの描いてる時が一番楽しい。

休みのまとめ 

buy0025.jpg
小さいものが集まって地味に大きい出費、

言わずと知れたフランク・フラゼッタ神さまの画集、
海外のサイトで勝手に公開してるのをハードディスクに保存して
この人の絵はほとんど網羅してたけど、
ビューアーを起動して機械的に鑑賞するより
気ままにパラパラめくって楽しむのもいいかもなぁと思って注文した。

buy0025b.jpg
ページいっぱいにデカイ絵で隣にはラフ画と作品の解説、
すごい丁寧で気持ち良いつくりだ、全く文は読めないけど。

やっぱ問答無用でカッコイイねー、唯一無二ってこの事さね。


あとジョン・ハウという人の画集をジャケ買い、まぁこれはどうでもいい。


逆転裁判にどえらい夢中。
基本オーソドックスなコマンド総当りアドベンチャーだけど
活き活き動くキャラクターと愉快な掛け合いが楽しくて
時間を忘れて遊んでしまう、なんとまぁありきたりな感想。

1もまだ途中だけど先走って2,3と購入。
1~4話までサクサク進んでたけど
DSオリジナルエピソードの5話がなかなか終わらない。
この話だけ本当にコマンド総当りで隅々まで調べないと先に進まないので
にっちもさっちも行かなくなってなんども力尽きて寝た。

アカネちゃんは可愛いけどやっぱマヨイちゃんの方がいい、
2で帰ってくんのかな、まさか3まで出てこないのか。

あとアメコミのお供に辞書ソフト買った。
2cm四方のカードに辞書4冊分のデータが入ってるなんてエラい時代になったもんだ。

以上、休みのまとめ、

あー、なんも描いてねー。
なんちゃらマン描くとか言ってなかったかなぁ。

まよい 

真宵
ナルホドくんの役に立ちたくて証人のムジュンを必死に探すマヨイちゃん、のイメージ。


こがらし 

コガラシ

もっと他に描かくべきものがあろうによ。

メイドガイすんげーおもしれぇ、
朝鮮人に丸投げしてる割にはクオリティ高い、感心した。


コードギアスの5話エロ過ぎて吹いた。
夕方5時に深夜よりエロい事やってるよ、もはやテロだな。
あーびっくらこいた。

DS 

buy0024.jpg

DS買った、もうおとといの事か。

ソフト何買ったらいいか分からなくてお店でしばし硬直。
いつか遊んでみたいと思っていた逆転裁判が目に付いたので購入、

あと全く何の知識も無くFFのアクションRPGみたいなの購入、
こんなの出てたっけ??DSは全く知らん、
チェリンカってば、異常にカワイイんですけど。

もっぱら逆転裁判をプレイ、いまさら逆転裁判をプレイ
やっぱカプコンはがっちりハートを掴むキャラクターを作らせたら凄いね。

GTAでヘトヘトになったらベットに横たわって逆転、
GTA、逆転、GTA、逆転で休み半分終わった。

だめじゃん、予定と全然違うじゃん。
今日と明日でプラモ作れるだけ作って、絵も書けるだけ書く

・・・多分


にこにこ 

niko.jpg

クセのあるグラフィックにも大分慣れてきた
やっぱりGTAは面白い

今までのGTAシリーズはスペックの制約もあってドンパチが淡白で嫌いだったけど
今作はしっかり地に足の付いた重厚なドンパチに進化してますね。

ダメージ表現がめっちゃリアルで
撃たれた人は地面に倒れて戦闘不能になるけどしぶとく生きてて、
その後撃って撃って撃ってやっと絶命するって感じ。
リアル過ぎてちょっと罪悪感を感じるわ。

つってもボッコンボッコン人轢きまくってるけど。

ラグドールからアニメーションへの移行がすっごい滑らかだ。

つたない英語力で分かったのは
主人公ニコは元ロシア軍人で、悲惨な待ち伏せ攻撃で壊滅した部隊の
3人だったか4人の生き残りの内の1人らしい。
いとこの彼女を寝取ろうとしたヴラッドをわざわざ射殺したのは
彼がその生き残りのうちの1人で、部隊の情報を敵にリークしてた
裏切り者だったかららしい。

なんのこっちゃ、勝手な解釈。


激務に耐えた自分へのご褒美にちょっくらニンテンドーDSでも買ってくる。

いまさらDS

らんか 

ranka.jpg
なんというセクハラ衣装

巨人のハンサムレディ、クラン大尉がマイクロン化すると
不具合でロリキャラになるとか神過ぎる。



GTA IV 

buy0023.jpg
届いた。

死体やオブジェクトに物理処理が施されていたり
ツヤツヤデコボコの次世代エフェクトが盛り込まれていたりで
「4」とナンバリングするに相応しいリッチな見た目になってますが

そのぶん動作がもっさり重い・・・

LOD、つまり遠景のディティールを落として処理を稼ぐヤツが
強烈で視界が異常に狭い、
屋外にいるのに常にバイオショックのような圧迫感。

あぁーこれで軒並みの満点評価なのかぁ、という印象。

もっとグラフィックの水準低くして快適さを重視して欲しかったな。

従兄弟のオッサンとストリップ劇場に行く途中
運転下手すぎて車炎上、オッサン爆死、俺爆笑とかまだそんなレベル。

まだ物語が始まってもいない、

早くこのグラフィックに慣れて(諦めて?)
ゲームにどっぷりハマりたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。